殿橋テラス

RiverPortVillage

2022.03.26(Sat) – 04.04(Mon)

10:00 - 20:00
初日のみ11:00スタート

場所:岡崎市明大寺本町(殿橋南西角付近)

*写真はイメージです

殿橋テラスとは

殿橋テラスは、乙川の優れた景観と魅力的な水辺を活かした都市空間を創出し、まちとのつながりを生み出すことを目的に令和2年度に岡崎市が整備した公共施設(オープンテラス)です。これまで数年にわたって仮設構造物による検証を繰り返し、それらの成果を踏まえ本施設の整備が行われました。
ただ通り過ぎるだけの場所に過ぎなかったこの場所が、これまでの活動を経て、季節を通して多くの方が訪れ、川とまちを繋げ新たな文化を生み出す場所として期待される。そんな場所になりました。
今回は、桜まつり期間のみの活用となりますが、未来につながる、この場所のあり方について皆さまとともに考える。そんなきっかけにできればと思っています。

Parlor Newport beach

2016年から4年間にわたり、夏から秋にかけて殿橋を彩った「Parlor Newport Beach」が帰ってきます!西海岸スタイルのハンバーガーやドリンク、水辺の風景に溶け込む音楽を提供し、岡崎市の姉妹都市ニューポートビーチの水辺を思わせる開放的かつ刺激的な空間体験を演出します。
Produced by Quiet Village

実施日:
3月26日(土)~4月4日(月) ※水曜日も営業します
時 間:
15:00~20:00(平日)、11:00~20:00(週末)
メニュー:
ハンバーガー/ホットドッグ/ポテト
ノンアルコールビール(缶)・カクテル/ コーヒー・紅茶(ice/hot)/ソフトドリンク(缶)

Otogawa River Base

川とまち、川と山、人と人がつながる。かわまちづくりの拠点としての役割を担う、ONE RIVERが運営するベース拠点です。河川敷をつかった各種アクティビティ(SUP・自転車・ヨガなど)の体験受付やONE RIVERオフィシャルグッズの販売、「くるくるトレイ」のレンタル、「桜まつりクリーン」の実施、乙川の活動(かわまちづくりの活動)や「川」をテーマにした書籍展示など、川とまちの関係を考えるプログラムを実施していきます。

Activity

桜まつりクリーン

私たちは月に一度「おとがわリバークリーン」という活動を行っています。この桜まつり期間は殿橋テラスを拠点として毎日桜まつり会場のゴミ拾いを行います。屋台のトレイや串など、この時期ならではのゴミを拾いながらお花見を楽しんでみませんか。トングとゴミ袋は会場で貸し出しますので、どなたでも気軽にご参加ください。

実施日:
会期中毎日
時 間:
8:00~9:30
集 合:
River Port Village(殿橋テラス)
持ち物:
川を愛する気持ち

くるくるトレイのレンタル

昨年の桜まつりクリーンのゴミを見て、小学4年生が発案し、たくさんの方の協力を経て作った乙川 上流部の額田の森の間伐材で作ったレンタルトレイです。殿橋テラスでトレイを借りて屋台で使うことで、使い捨てトレイのゴミを発生させません。間伐材もトレイもくるくる循環させることで乙川の美しさを守ることができます。

実施日:
会期中毎日
時 間:
10:00~20:00(最終受付19:00)
料 金:
500円(デポジット制:1000円でレンタル、返却時に500円ご返金)

お花見休憩スペース

河川敷にはってあるシェルターテントはどなたでも自由に利用することができる休憩スペースです。殿橋テラスで食べ物や飲み物を買って、家族や友人とテント内でゆっくりとお楽しみください。追加で椅子が必要な場合はONE RIVERブースにて1脚300円でレンタルできます。

実施日:
会期中毎日
時 間:
10:00~20:00
料 金:
無料
協 力:
株式会社スノーピークビジネスソリューションズ

アウトドアギアのレンタル

乙川でのお花見をより深くお楽しみいただくために、ONE RIVERブースにてアウトドアギア(椅子・テーブル)の貸出しを行っています。椅子とテーブルを持って河川敷内の好きな場所で食事や休憩をお楽しみいただけます。自分たちだけのおススメお花見スポットを探してみてください!

実施日:
会期中毎日
時 間:
10:00~20:00(最終受付19:00)
料 金:
300円/1脚(FDチェアワイド RD
500円/1脚(ローチェア30 カーキ・ブラウン
400円/1台(Myテーブル竹
協 力:
株式会社スノーピークビジネスソリューションズ

お花見SUP体験

2022年乙川でのSUPシーズンはここからスタート!まずは全国的にも有名な「岡崎桜まつり」を水上から楽しんでみるなんていかがでしょうか。波も流れも穏やかな乙川での水上お花見は最高です。この季節にしか味わえない贅沢な時間をぜひご堪能ください。

実施日:
期間中毎日 ※日によって催行可能時間が異なります。
時 間:
❶10:00〜、❷12:00〜、❸14:00〜、❹16:00〜、❺18:00〜
※事前予約制になります。週末のみ現地での受付が可能です。
料 金:
4,000円/90分(安全講習の時間含む)
※定員(艇数)は6艇になります。
※2人乗りの場合、ライジャケ代として別途500円がかかります。
※ワンちゃんもご一緒できます。ワンちゃん用のライジャケはサイズに限りがあります。
予 約:
ご予約はこちらから
主 催:
waileo SUP school&tours

岡崎城下舟あそび

乙川観光船の桜まつり期間の運航が19日(土)からスタート!いつもとは違う景色と船上から眺める乙川の桜をお楽しみください。事前予約をしていただくのがおススメです。

実施日:
2022年3月19日(土)~4月6日(水)
時 間:
【3/19~3/23まで】10:00~18:30(18:00最終便)※15分間隔で出航
【3/24~4/6まで】10:00~21:00(20:30最終便)※15分間隔で出航
※事前予約制、現地(船着き場)で当日受付可能です。
料 金:
1,500円/人(大人)
1,000円/人(シルバー:60歳以上)
500円/人(高校生以下)
無料(3歳以下)
予 約:
ご予約はこちらから
主 催:
岡崎城下舟あそび

レンタサイクル&スポーツバイク体験会

まちの自転車屋さん「サイクルぴっとイノウエ」によるスポーツバイクの試乗体験会。子ども用自転車から電動スポーツバイクまで、いろいろなタイプの自転車をお持ちします。乙川に自転車のある風景をつくりたい。そんな思いをもって活動しています。

実施日:
会期中毎日
時 間:
10:00~16:00
料 金:
体験は無料。
レンタサイクルは1時間/500円、2時間以上/1,000円
主 催:
サイクルぴっとイノウエ

桜の下でみんなでヨガ雨天予報のため中止になりました。

お子様連れOK!ファミリーでご参加いただける内容です。 大人も子供も溜まったストレスを大解放!!春の陽気の中、桜を見ながら楽しく笑顔でヨガを楽しみましょう♪先着にてござ、ヨガマットの貸出あります。

実施日:
3月26日(土)
時 間:
❶10:00~10:40、❷13:00~13:40
料 金:
無料(寄付制)
予 約:
ご予約はこちらから
主 催:
STUDIO ALMA

ご縁(GOEN)をつなぐ青空ヨガby NAOKI雨天のため中止になりました。

日本全国を巡業するヨガ講師、西川順喜(NAOKI)による青空ヨガ。初心者の方も安心してご参加いただけるよう、呼吸に合わせたシンプルな動きを使って体をほぐしていきます。乙川を彩る桜と心地よい風を感じながら一緒にヨガを楽しみましょう!

実施日:
4月3日(日)
時 間:
13:00~14:00
料 金:
無料(寄付制)
予 約:
ご予約はこちらから
主 催:
STUDIO ALMA

桜の下でゴロゴロヨガ with ハナロロ ビーズクッション雨天予報のため中止になりました。

先着30名限定。岡崎市にあるビーズクッションメーカー「ハナロロ」さんとのコラボ企画!アウトドア用に開発された「ソラミクッション」を使ってヨガを行います。どんな内容かは来てからのお楽しみ♪ 初心者、子連れOKです!

実施日:
4月4日(月)
時 間:
❶10:00~10:50、❷11:30~12:20
料 金:
無料(寄付制)
予 約:
ご予約はこちらから
主 催:
STUDIO ALMA

Books

ONE RIVER図書室_川と暮らしを考える絵本の紹介

川を愛するONE RIVERメンバーの愛蔵絵本を展示します。絵本とはいえ、大人が読んでも読みごたえのあるものもご用意しました。読んだ後に、少しだけ知識が増えると目の前に広がる景色が変わって見えるから不思議です。今回用意した絵本のテーマはずばり「川」。森や海とのつながり、人の営みと川との関係、川に住む生き物たちの話など「川」をテーマにした絵本と言っても千差万別。大人も子どももそれぞれの興味に合わせて手に取っていただけたら嬉しいです。

自然を感じる絵本の読み聞かせ

会期中以下日程でONE RIVER図書館の絵本などの読み聞かせを行います。1日2回行いますので、ご家族でぜひご参加ください。

実施日:
3月31日(木)、4月2日(土)、4日(月)
時 間:
❶11:00~11:20(3/31) ❷13:00~13:20 14:00~14:20(4/2・4)

かわ

かこさとし さく/え 福音館書店
山から始まり、川が下流に流れていくたびに、どんどん絵本が伸びていき最後海へつく頃には長い長い絵本になります。私たちの目の前を流れる乙川は、一体どこからきてどこへ流れていくのか。そんな事を考えるきっかけになれば嬉しいです。

よみがえれ、えりもの森

本木洋子 文 高田三郎 絵 新日本出版社
北海道の百人浜。かつては豊かな森と海がありコンブ漁が盛んでしたが、人口が増えて森の木を伐りすぎたために浜は砂漠のようになり、砂嵐が吹き荒れます。それにより、コンブもどろコンブとなり産業は衰退していきます。しかし、そこから立ち上がった人々が幾多の困難を乗り越えて森とふるさとを再生していきます。森と海はつながっていることを丁寧に描いた実話です。

森をそだてる漁師の話

野坂勇作 文/絵 福音館書店
「よみがえれ、えりもの森」「山に木を植えました」に登場する二人ともう一人、山に木を植えた漁師さんを紹介しています。彼らの森への想い、未来への想いをダイジェストで知ることのできる一冊。

山に木を植えました

スギヤマカナヨ 作 畠山重篤監修 講談社
どうして漁師は山に木を植えるのか。木を植えることで何が起きるのか。を、少し学術的に説明されています。子どもには少し難しい用語も出てきますが、スギヤマさんのポップなイラストで親しみやすいものとなり、どなたでも読んでいただけます。

ホタルの光る川

関口シュン 作/絵 成出版社
岡崎市鳥川町にあった鳥川小学校(現在のホタル学校)を舞台にした絵本です。鳥川(乙川の支流)がホタルが飛ぶ川になるよう小学生と地域の人々が様々な活動を行っていく苦労や工夫が紹介されています。漫画仕立てなのでとても読みやすい一冊です。岡崎市民はぜひご一読を。

しょぽろしょぽろ まちのかわ

小野寺悦子 文 荒川暢 絵 福音館書店
街の中を流れる川の普段の様子、雨がたくさん降った時の様子、その後水が引いていくときの様子が描かれています。人々が遊ぶ様子や生き物たちの風景描写がまるで乙川を描いているようだなあと感じる絵本です。

かわからのおくりもの

安部明子 作 福音館書店
四国、吉野川流域で育った作者が子ども時代の体験を元に描いた物語。台風で川が氾濫した後にはたくさんの贈り物がありました。それを家族みんなで拾いに行って暮らしに役立てます。川と暮らしが密接に関わっていたことを知ることができる一冊です。

川とさかなたち

三芳悌吉 文/絵  福音館書店
水が湧き出るところから海に流れ着くまでの川の様子と、そこに住んでいる魚や生き物の変化が図鑑のように詳しく紹介されています。イラストのタッチもやさしく、自然や生き物への愛情を感じます。

河原にできた中世の町~へんれきする人びとの集まるところ~

網野善彦 文 司修 絵 岩波書店
原始の時代からの川と人々の関りや、川がどのような場所であったのかを知ることができます。川はかつてはあの世とこの世の境として考えられ、少し特別な場所であったようです。私たちがどうしてこんなに川に惹かれるのか。そのヒントがこの本にあるような気がしています。

石ころ 地球のかけら

桂雄三 文 平野恵理子 絵 福音館書店
河原の石は一体どこからやってきてどこへ行くのか。が石ころの冒険を通じて分かるようになっています。この本を読んでから石ころを見るとまた少し世界が広がる。そんな気がする一冊です。

ごみ水路水族館

武田晋一 写真/文 ボコヤマクリタ 構成/絵 偕成社
水路は何のために作られいかに使われてきたのか。そしてその水路に今住んでいる生き物はなんなのか?と作者が抱いていく疑問を自由研究的に調べた内容がまとめられています。ゴミや汚れていく水路。そして外来種の問題。目をそらすことのできない現実を子どもたちに分かりやすく伝えています。

川は友だち

渡部一二著 磯野宏夫絵 農村漁村文化協会
かつては愛で親しみ尊敬の対象であった川が経済が発展する中で人が支配するものとなり、その後再びその必要性を見直し美化活動へと進んでいく人と川の近代の歴史が端的に紹介されています。とはいえ、この本の発行は1989年。その後33年が経っています。私たちは今、川とどう向き合い、これからどうしていくとよいのか。そんなことを子どもたちと話し合うきっかけになればと思います。

にちようびの森

はたこうしろう 作 ハッピーオウル社
自然の中で遊んでいた子どもたちが都市開発や大人の意見で遊び場を失っていくというストーリー。「ゲームや漫画のやりすぎ読みすぎはだめ!」と言いながら、こどもに禁止事項ばかり突きつけていないだろうか。自然と親しませたい、自主性を育てたいといいながら危ない、汚いと自由を奪ってはいないだろうか。と、大人として考えさせられる一冊です。

Food

ぬかた炭焼き団子

乙川の水源地、額田地区のお米(ミネアサヒ)を使用して作った砂糖不使用のお花見団子。炭焼きで、みたらしタレをつけてご提供します。お米本来の旨味を味わう、あたたかくて、ほんのり甘いお花見団子を食べれるのはここだけ?!ぜひご賞味ください。

実施日:
4月1日(金)~4日(月)[4日間]
時 間:
10:00~17:00(売り切れ次第終了)
メニュー:
炭焼きお花見みたらし団子 [200円/本]
主 催:
ぬかた炭焼き団子

マルニレモン(特製ジンジャーシロップ×レモンスカッシュ)

シュワっと炭酸×爽やかレモン×キリッとジンジャー!4種類から選べる特製ジンジャーシロップ入りレモンスカッシュ「マルニレモン」!酸っぱくするなら追いレモンがおすすめ!期間限定の桜メニューもありまッシュ!

出店日:
3月26日(土)
3月27日(日)
3月28日(月)
3月29日(火)
時 間:
10:00~15:00(予定) ※26日のみ11:00~スタート

@502_marni_kitchen

シバタ食堂(スパイスカレー、炭火焼きスパイス豚丼)

約2年前から間借りカレー屋を始めました。真摯に続けてきた手仕事の延長で、ていねいにお出汁をとり、ていねいに素材を厳選。体の中から元気が出るような食事をお届けしたい。今度は食を通じて、健康と美を支えていきます。

出店日:
3月30日(水)
4月2日(土)
時 間:
10:00~15:00(予定)

@shibata_syokudou

present coffee(コーヒー)

どうも、コーヒーです。の看板が目印のプレゼントコーヒー。焙煎からこだわったスペシャルティコーヒー、この一杯に小さな幸せを…他にも季節のドリンク、自家製ソーダなど提供しております。

出店日:
3月31日(木)
4月1日(金)
4月3日(日)
時 間:
10:00~15:00(予定)

@oniwade_present

Going Cafe(コーヒー)

岡崎で移動カフェをしてるGoing Cafe です。コーヒーは豆から挽きたて淹れたてで一杯一杯丁寧につくってます。カプチーノはカワイイ絵も描けちゃいますよ♪♪

出店日:
4月4日(月)
時 間:
10:00~15:00(予定)

@going.cafe

協賛のお願い

私たちONE RIVERは、2021年に発足した乙川が大好きな市民による任意グループです。 2016年よりはじまった「乙川リバーフロント地区かわまちづくり事業」の実施主体として、5年にわたって乙川河川敷を対象エリアにした水辺空間活用のプロジェクトを行うなかで見つけた、未来につなげたいこの場所の価値を伝えていくために、様々な活動を通して、未来の日常につながる想いをカタチにしています。

今回は、桜まつり期間における殿橋テラスの運営事業者に選定され、思い入れの深いこの場所でチャレンジできることが何よりも嬉しく、ひたすらより良い場所にすべく準備を進めています。

また、より多くの方々に私たちの活動を知っていただくとともに、未来につながる場づくりをご一緒いただける方を増やしていきたいという思いから、プロジェクトに対して協賛してくださる方を募集することにしました。これをきっかけに、たくさんの個人や企業様と知り合い、乙川を、そして岡崎をより良い場所にしていけることを楽しみにしています。

ONE RIVER

【ご協賛いただく金額】

法人:30,000円/1口、個人:5,000円/1口

【ご協賛いただいたお礼】

① 殿橋テラス -River Port Village-の運営期間中(3/26~4/4:10日間)に設置する案内看板にて、お名前を掲載させていただきます。
② 本ウェブサイト上でもお名前を掲載させていただきます。

ご協賛いただける方はこちらのフォームより必要事項をご入力ください。

殿橋テラス
- River Port Village –

企画・運営: ONE RIVER
什器デザイン: +tic
デザイン: 桑田亜由子
施工協力: 小原木材株式会社
協力: 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ

協賛:
岡崎製材株式会社
サイクルぴっとイノウエ
宮川洋一(あいちの橋の会)
杉浦紫津子
杉浦嘉彦
村瀬亮